fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
顔太りの原因は運動不足?
2017年07月03日 (月) | 編集 |
顔に余分な脂肪がついてきた。


oh no / bionicteaching


たるんできた。

むくんできた。

顔のたるみ、顔のむくみ、顔太り。

これは運動不足が原因なのでしょうか。


食べ過ぎと糖分のとり過ぎが一番の原因だと思う
いろいろな記事で「運動で痩せるのはかなり難しい」と書いていますが、これは顔の脂肪を落とすことに関しても同じだと思います。

運動だけで顔の脂肪を落とすのはかなり無理があると思います。

見方を変えると、運動不足で顔に脂肪が溜まるというのも、ちょっと考えにくい気がします。

では、顔太りの原因はなにか。

やはり食生活です。

「太りやすい食生活」を続けてきた結果としての「顔太り」。

もちろん、同じような内容のものを食べてても、太りやすいと太りにくい人がいます。

人それぞれ体質は違います。

脂肪の付きやすさも違いますし、体のどの箇所に脂肪が付きやすいかも人それぞれでかなり違います。

「太りやすい食生活」で顔太りになってしまった人は、人一倍「顔に脂肪が付きやすい」体質なのだと思います。

私は今は解消していますが、糖質制限を始める前はかなりのぽっこりお腹でした。

体全体的にはスリムというか、ちょっと痩せ気味でもあったのですが、とり過ぎた糖分はほぼお腹の脂肪として蓄積されていくような体質だったんです。

みんなそれぞれ脂肪のつきやすさやどこに溜まりやすいかは違います。

そして体脂肪として蓄積されるのは、「炭水化物」「砂糖」などの糖分です。

ごはんやぱん、麺類などのように甘くなくても糖分たっぷりのものもあります。

人一倍、顔に脂肪が付きやすい体質であれば、人一倍食生活にも気を使わないと、なかなか顔太りは解消しないかもしれません。

私も、一見スリムなくせに人一倍お腹に脂肪が付きやすい体質だったので、それを自覚して、人一倍食生活の勉強をして、根本的に食べるものを見直すことでポッコリお腹を解消させました。

関連記事



スポンサードリンク