fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
朝食にそうめんを食べるダイエット。これで痩せる?
2017年06月19日 (月) | 編集 |
夏になって気温が高くなると食欲もなくなってきますよね。


Somen / matsuyuki


そういう時は、さっぱりしていてヘルシーなものがいい。

ということで「そうめん」が頭に浮かぶ人もいるかと思います。

確かにそうめんってヘルシーなイメージが一般的にはあります。

ダイエット中の食事としても良さそう。


そうめんって実は糖分が多い
しかし、よくよく調べてみると実はそうめんはヘルシーとはいえないものだと分かってきます。

そうめんの原料は小麦粉です。

うどんやラーメンの麺と原料は同じです。

スープに動物性のものをたっぷりと使っている分、ラーメンのほうがカロリーが高くて太りそうなイメージもありますが、それもイメージだけの話。

太る原因は「カロリーのとりすぎ」よりも「糖質のとりすぎ」のほうが大きいですから、ラーメンと糖質量の差があまりない素麺も実は太りやすい食べ物といえます。

そうめん一束は平均的には50gの重量。

素麺一人分は約100g。

なので、素麺二束分が一人前となります。

素麺一束に含まれている糖質は約35gほど。

素麺一人分と考えると、約70gの糖質量という計算になります。

6枚切りの食パン1枚に含まれている糖質は約30g。

お茶碗一杯分の白米は約55g。

ご飯(白米お茶碗1杯)、食パン1枚に含まれている糖質の量

と、これらと比べてみても、素麺、なかなか糖分多いですね。。

血糖値の上昇スピードを示す「GI値」というのがありますが、そうめんは80とかなり高い。

基本的にはGI値が高いほど「太りやすい食べ物」ということができます。

食パンは91、ドーナツは86、白米は84など。

そうめんもこれら高GI食品に肉薄していますね。

「朝食は何を食べても太らない」という情報もありますが、私としては時間帯関係なく、「太りやすい食べ物」であればどの時間帯であってもやはり脂肪もつきやすくなると思いますし、その反対もしかり。

作るのも簡単で手軽でヘルシーなイメージのあるそうめんですが、そういったイメージを持ったままでガツガツ食べているとそれが原因で太ってしまうかも。

私も以前は、夏場にそうめんをよく食べていましたが、ここ数年の夏はそうめんはあまり食べてませんね...

夏でも変わらず、肉や魚介類、大豆製品、卵、チーズなどを食べています。

それで元気いっぱいに暑い夏を乗り切ることもできています。

もちろんスリムな体型も維持できています。

【低糖質 麺】低糖質麺 ソイドル(大豆100%) 7袋セット【大豆麺 ソイヌードル 糖質制限 食 糖質オフ ヘルシー 健康 ダイエット ローカーボ ヌードル 低カロリー 低GI 低炭水化物 マルサン】

価格:1,950円
(2017/6/19 10:35時点)
感想(406件)



関連記事



スポンサードリンク