fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
ダイエット中の停滞期が3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月、半年と長期に?どうすればいい?
2022年01月02日 (日) | 編集 |
ダイエット中の停滞期。


Dropping / worak


なかなか体重が思うように減らない。

目標体重はまだまだ先なのに。

ダイエット中の停滞期が3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月、半年と長期に渡って悩む人もいるかと思います。

この場合、どうしたらいいでしょうか。


どうもしなくていい
私の答えとしては、「何もしなくていい」です。

というか、体重にこだわりすぎることをやめたほうがいいと思います。

いくら目標体重を設定して、仮にその体重にまで落とせたとしても、それに連動して見た目的にも健康的にスリムになっているとは限りません。

「減量=見た目的に自分の理想通りに痩せる」わけではないんです。

同じ体重でも、

・見た目的に太っている人
・見た目的にスリムでメリハリのある魅力的な体型になっている人
・見た目的に痩せてるというよりも「やつれてる」ように見える人

がいます。

みんな同じ体重でも、見た目な印象は全然違ったりすることはザラにあります。

なぜこうも違うのか。

これは筋肉や体脂肪の割合が違ったり、体の代謝具合、栄養状態が違ったりするからです。

体重ばかりを気にしていると、「栄養的な質」をほったらかしてしまうことになり、そうなると「体の栄養的な質」が悪くなって、いくら体重が落ちたとしても、見た目的には全然痩せてなかったり魅力的になれてなかったりします。

いくら減量できたとしても、間違ったダイエットをしてしまうと体脂肪よりも体を支える筋肉のほうが落ちてしまうこともあります。

「カロリー制限ダイエット」も、よっぽど栄養や人体に関する基本的な知識がないと、体脂肪よりも筋肉が落ちやすいダイエットといえます。

実際、間違ったダイエットでそうなってしまっている人がかなり多いと思います。

そして筋肉が減って体脂肪の割合が多い状態では、見た目的には全然魅力的に見えません。

たぶん、体重が堕ちてしたとしても見た目にはあまり痩せているようにも見えないでしょう。

引き締まった魅力的な体型にもなれないと思います。

痩せていても、引き締まっていない、なんかぶよぶよしたように見えたりもすると思います。

ただ単に体重を落とせばいいわけではないんです。

ダイエット情報の多くは「体重を落とすこと」に重きが置かれているので、みんな体重を落とすことばかりに目がいってしまっていますが、でもそれでは「見た目的に健康的に痩せること」はかなり難しいです。

なので、例えばダイエット中の停滞期が起きて、思うように体重が落ちなかったとしても、それは特に気にする必要はないんです。

それよりも、今しているダイエットのやり方を一度じっくりと考え直してみることのほうがよっぽどいいと思います。

どの栄養素が一番体脂肪になりやすいのか。(糖質のとり過ぎが一番体脂肪になりやすいんです)

本当にカロリーが太る太らないに関係しているのか。

運動はダイエットに有効なのか。


これらについてじっくりと勉強してみる。

そうすることで、「ダイエットの本質的なこと」が見えてくるはずです。

そうすれば、糖質制限が実は健康的に痩せるために、かなり理にかなったものであるということもわかってくるかと思います。

私も糖質制限を続けています。

もう4、5年ほど、時には寄り道もしながら糖質制限を続け、そして今もスリムな体型を保っています。

体重には一切こだわってないです。

もう1年以上測ってないです。

体重は健康的に痩せるための本質であるとは思ってないので。

私はとにかく「食事の栄養的な質」にこだわっているだけです。

私たちは日々食べている食べものによって生かされているわけですから、その日々食べる食べ物の質が、そのまま自分の体の質になる。

そして、心と体は完全につながっていますから(心身一如)、食べ物によって質のいい体になれば、それに連動して精神面も正常化してくる。

実際私はそうなれてきています。

体重ばかりを気にする「停滞期」って言葉は、もう忘れてしまってもいいのではないでしょうか。

体重を必要以上に気にせず、そして停滞期も気にしないことで、かなりのストレスから解放されると思いますよ。

その感覚を多くの人に味わってほしいなあ、と思っています。

関連記事



スポンサードリンク