FC2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
踏み台昇降運動やエアロバイクで「顔痩せ(小顔)」できる?
2018年06月19日 (火) | 編集 |
家でできる運動として踏み台昇降運動やエアロバイク、ルームランナーなどがありますが、これらの自宅でできる運動で「顔痩せ」はできるでしょうか。




運動だけで顔の脂肪を落とすのはかなり難しい
適度な運動をすること自体はとてもいいことです。

しかし、基本的には運動とダイエット(体脂肪を落とすこと)は別物として考えないといけません。

そうしないとダイエットはなかなか上手くいかないと思います。

運動でダイエットをする、運動だけで体脂肪を落とすのには、正直かなり無理があります。

これは以前にも記事で書いたとおりです。

毎日1時間のウォーキングでダイエットは成功するか

体のどの部分であれ、体脂肪が必要以上に溜まりすぎてしまった根本的な原因は「食べ間違い」です。

つまり、それまでしてきた「太りやすい食生活」の積み重ねによって、今のあなたの体に余分な体脂肪がついてしまっているんです。

特に「糖質」のとり過ぎこそが体脂肪がガンガン溜まってしまう一番の原因です。

今の世の中、「糖質たっぷりな食べ物」だらけです。。

糖質たっぷりな食べ物がめちゃくちゃ美味しいのは私もよくわかります。

でも、そういう食べ物を日常的に「食べ過ぎ」になっていることこそが、無駄な体脂肪がついてしまう根本的な原因。

顔についてしまっている贅肉もそう。

現代人の多くが、その「太りやすい食習慣」を身につけてしまっていますが、その食習慣の見直しをしないでほったらかしたままで、「運動だけで痩せよう」とする人も多い。

でも、そういう人たちのほとんどはダイエットがうまくいきません。

太ってしまった根本的な原因から目をそらしてしまっているから。

これは何事もそうですよね。

根っこの原因をほったらかしたままで、いくら表面的な問題だけに対処したところで、一時的には改善されたように見えても結局は元に戻ってしまう。

ダイエットも同じことです。

室外で行うランニング、ジョギング、ウォーキングなどももちろんそうですし、先に挙げた室内でできる踏み台昇降運動やエアロバイクなどもそう。

いくらこれらの運動を頑張ってがっつりと汗をかいたとしても、そしてそれで体重が落ちたとしてもそれはたぶん汗をかいたことによる体内の水分量が減っているだけです。

やはり、普段の「体脂肪が溜まりやすい食生活」を見直していなければ、いくら運動を頑張ったところで、体内の体脂肪の量は減っていかないです。

そして「顔痩せ」。

顔が通常よりも太っているというのは、「顔に余分な体脂肪が付いてしまっている」ということでもあります。

お腹周りもそうですが、顔に付いている体脂肪もなかなか落ちにくい箇所ですから、それなりに根気もいるでしょう。

しかし、本気で顔の余分な脂肪を落としたいと思うのであれば、「なぜ体脂肪が溜まってしまうのか」という贅肉が付いてしまう根本的な原因を知り、それに合わせたダイエット(食生活)を地道にコツコツと続けていかないといけません。

ただ闇雲に「カロリー制限ダイエット」をしたり運動をしたりしているだけでは、いくら体重は落ちても「顔やせ」はできないと思います。

私の知り合いにもいますが、糖質制限をきちんとやることで、顔の無駄な体脂肪も落ちて、見た目的にも若返ったという人も少なくありません。

ただ、糖質制限もやり方を間違えてしまうと逆に、「痩せたけど老けた」ということになりかねないので、本気で顔痩せして綺麗になりたいと考えている人は、まずは糖質制限の基本的な理論をしっかりと理解する必要があると思います。

何事も基本をきちんと学んでこそですからね。

Sepoveda Y字型美容ローラー 美顔ローラー マッサージローラー 小顔ローラー フェイス&ボディー用 美顔器 3D 充電不要 マイクロカレント シルバー




関連記事



スポンサードリンク