fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
洗顔は1日4回、朝と夜それぞれ2回。これって多い?
2023年07月28日 (金) | 編集 |
朝に2回、夜に2回の洗顔を入念に行う。



そうやって「めっちゃ洗う」ことで、今ある乾燥肌や敏感肌、脂っこい肌は解消されるでしょうか。


1日4回は洗いすぎ!
肌荒れがひどくてなかなか治らないと、「まだまだ洗顔が足りないから肌が不潔になっているのかも」と考えたりもしますよね。

だから、それを改善するために「以前よりも更に洗顔の回数を増やす」ことをしてしまう。

でもこれ、間違いなく「逆効果」です。

余計に肌荒れがひどくなります。

確実に。

というか、今ある「肌荒れ」の原因の半分以上は、それまでしてきた「洗いすぎ・スキンケアのしすぎ」にある可能性大です。

肌表面の汚れを落とすためにするのが本来の洗顔ですが、今、多くの人がしてしまっている洗顔は「肌を健康的に保つためのバランス・構造を乱してしまう」という行為になってしまっています。

洗いすぎて。

丹念に1日に何度も洗うという行為が、実は肌を余計に痛めてしまっている。

肌は本来、自力で「健康的で弾力や潤いを保つ」ための機能を備えていますからね。

洗顔はそういった肌の機能を極力阻害しないように「やりすぎない・洗いすぎない」ことが大事。

そこにめっちゃ気を使わないといけません。

1日に4回も洗顔をしてしまうということは、肌が持っているそういった機能を思いっきり崩してしまいます。

年齢を重ねても実年齢よりも「自然に若々しい肌」を保っている方々っていますよね。

私達の周りにも、芸能人にも。

そういう人たちの「特別な肌ケアはしてない」というのは、実は真理だったりもします。

謙遜しているとかではなくて、たぶんみなさん「シンプルな肌ケアが実は一番お肌にとって優しい」ことを知っているのでしょう。(それまでスキンケアをしまくってきた人が急にシンプルスキンケアにすると、肌が改善していく過程で、一時的に悪化したように見えることはありますけどね。)

でもそれを多くの人は信じない。

逆に「丹念に肌ケアをする」ことこそが、綺麗で若々しい素肌を保つ秘訣だと考えてしまう。

もちろん、人それぞれで「肌質」は違いますから、1日に4回の洗顔であっても、見た目的にそれなりに若々しく見える人もいるかもしれません。

でもやはりそういう人は「極稀」でしょう。

大抵の場合、「1日4回の洗顔」だとたぶんその人のお肌は悲鳴を上げているのでは無いかと思います。

私自身も元々、めっちゃお肌が弱いので、1日4回洗顔には耐えられないでしょうね。。

肌を綺麗にするために大事なことは、「常識にとらわれないこと」だと私は思います。

「美容の常識(しっかり洗顔するとか)」に囚われてしまっているから、多くの女性達と同じように「肌トラブル」で悩み続けてしまう。

多くの人が同じように悩んでいると、それだけで安心してしまいがちですが、でもそれだと自分自身の肌荒れもなかなか改善しないでしょう。

「肌荒れ」「肌トラブル」で悩んでいる「その他大勢」から抜け出すには、やはり「常識を疑う」「意識の転換」が必要だと思いますね。

関連記事



スポンサードリンク