fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
10キロ、5キロ、3キロ痩せることと「印象がよくなること」は別物
2022年02月25日 (金) | 編集 |
10キロ痩せたら見た目の印象がよくなる?



5キロ、3キロ減量したら?

体重の減量と比例して「見た目の印象」もやっぱりよくなる?


「見た目」の印象をよりよくしたいなら、あまり体重にこだわらないほうがいいかも
「ダイエット」となると、多くの人が「体重を落とすこと」を重視するかと思います。

「痩せて可愛くなりたい」「痩せて今よりも綺麗になりたい」と考えている多くの女性も、やっぱりダイエットをするにおいて「体重を落とすこと」を意識します。

じゃあ、それでダイエットをして3キロ、5キロ痩せた。

もしくはもっと頑張って10キロ痩せた。

それで見た目も自分の理想とするような印象になったかどうか。

必ずしもそうなるとはいえません。

というか、「体重を落とすこと」と「見た目的に魅力的に痩せる」ことは基本的には別物と考えておいたほうがいいかもしれません。

例えば、いくら体重が5キロ、10キロ落ちたとしても、その時に必ずしも体に余分に溜まっている体脂肪が落ちているわけではないですからね。

単に体内の余分な水分が落ちただけかもしれませんし、場合によっては体の土台となっている「筋肉」のほうが落ちてしまっている可能性もあります。

もしも、体脂肪があまり落ちずに筋肉だけが落ちてしまった場合、いくら体重が落ちていても、たぶん見た目的には締まりのないダラッとした「だらしない体型」になってしまうと思います。

筋肉が十分にないと、体表面の皮膚もしっかりと支えられなくなってしまいますからね。

比重で見ると、体脂肪よりも筋肉の方が重たいですから、間違ったダイエットによって体脂肪よりも筋肉が落ちてしまった場合の「減量」のインパクトも結構大きい。

でもそれで喜んでいると、実は見た目的には自分と理想とするものとは程遠かったりもするんです。

そもそも、体脂肪が溜まる一番の原因は、「糖質のとりすぎ」にありますから、例えばカロリー制限、食事制限をして食事量を減らして一時的に体重が落ちたとしても、糖質(パンとか麺類とか砂糖とか)をそれなりに摂取していれば、体脂肪はあまり落ちずに筋肉のほうが落ちている可能性が高い。

なので、「体重を落とすことにこだわったダイエット」をしてしまうと、結果的に自分の理想とする見た目の印象になりにくかったりもするんです。

実際、ダイエットをしてそういう失敗をしてしまっている人はかなり多いと思います。

私自身も以前はそういう失敗をしています。

最近よく言われるようになってきていますが、「ダイエットして体重はほとんど変わらなくても見た目的には以前よりもスリムに見えるようになった。そしてより印象も魅力的になった」というようなことは、実はそれって不思議な事でもなんでもないんです。

「正しいダイエット」をして無駄な体脂肪が落ちて、そのかわりに筋肉がしっかりと付いたら「体重はあまり変わらないか、もしくはちょっと増えている」可能性もあります。

でも一方で、見た目的には以前よりもスリムになって魅力的にもなっている。

こういうことってザラにありますし、それって人間の体の仕組みからしても全然おかしいことではないです。

多くの人が「ダイエット=体重を落とすこと」に囚われてしまっているから、なかなか上記のような現象を受け入れられなかったりもするかもしれませんが..

むしろ「体重」はほとんど気にしなくていいかなというのが私の考え。

体重を気にすることがまったく無駄とはいいませんが、でも実際のところ、多くの人がその体重に囚われすぎてしまって「間違ったダイエット」をしてしまっているのが現実だと思います。

「体重」のちょっとした増減に対して、気持ちを左右されずに単純にそれを「エンターテインメント」的に楽しめるのであればいいと思いますが、そうでなければ、「体重はまったく気にしない」ぐらいのほうが、「見た目の印象をより良くするダイエット」もうまくいきやすいのではないかと思うんですよね。

もちろんその場合、どのようなダイエット法を選ぶかがかなり重要にもなってきますが。

私としては、「糖質制限」の基本をちゃんと勉強した上で「正しく実践」することができれば、「糖質制限」を土台にしたダイエットが見た目の印象をより良くすることにより効果的だと思います。

なので、私的にはお金に余裕があるのであれば、「RIZAP」はおすすめできます。

↓こちら、RIZAPの新サービス。おすすめです。
フィットネス以上、RIZAP未満【暗闇ダイエットVIVANA】





関連記事



スポンサードリンク