fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
共働きで時間がなくて夕食が作れない。でも健康面は気になるから食事の栄養バランスはなるべくよくしたい
2023年10月19日 (木) | 編集 |
共働きをしていると、食事の管理がなかなか難しくなりますよね。

特に仕事終わりの夕食。

仕事で疲れ切っている時に料理をするのは面倒な時もありますし、何より仕事が忙しくなるとゆっくり調理をする時間がない。

でも、それでも健康面は気になる。

栄養バランスは気になる。


コンビニ弁当やスーパーの惣菜ばかりで済ますと後々になってそのツケが確実に出てきます
この場合、スーパーやコンビニの弁当や惣菜、加工食品ばかりをついつ選んでしまいがちですが、しかし、あまり考えずその場その場の思いつきで食べるものを選択していると、ほぼ間違いなく、栄養バランスが崩れてきます。

栄養バランスが崩れてくると、当然肌質が悪化したり、様々な体の不調が出てくる。

「心」は「脳細胞の働き」によって生み出されるものですから、栄養バランスが崩れて脳細胞へ十分に栄養が行かなくなると、やがて「精神面の不調」も出てきます。

栄養と心って、実は密接につながっていますからね。

そして、その心身の不調は確実に普段の仕事にも影響してくるでしょう。

「体が不調でも気合で頑張る」みたいな風潮もありますが、私は前提が間違っていると思っていて、まずは仕事面でベストのパフォーマンスを出すために「健康を保つことに最大限努力する」事が大事だと思っています。

心身が不調だと、いくら気合で頑張ろうと思っても限界がありますからね。

それよりも、「日々なるべく心身の健康状態を保つための努力をする」ことで、仕事面でもより高パフォーマンスを発揮できる様になると思います。

最近は特にビジネス書でも「仕事で高パフォーマンスを出すためには食生活の見直しが欠かせない」といったことを言及しているものがかなり増えてきていますよね。

科学的にも「食と頭の働きの密接な関連性」がよく言われるようになってきていますからね。

だからやっぱり、栄養面でかなり劣るコンビニ弁当や惣菜、加工食品ばかりに頼っていると、私生活も仕事もどちらでもいずれ様々な不具合が出てくるでしょう。

とりあえず、市販の弁当や惣菜、加工食品などはまず「糖分」がかなり多いです。

いわゆる「見えない糖分」みたいなもので、味付けや揚げ物の衣、加工食品のつなぎやかさ増しなどにも糖分がいろいろ使われています。

そういう知識がないと、「無自覚」に糖分を摂りすぎてしまい、それによって肥満になり体にも様々な不調が出てくる。

だから、やっぱりなるべく「自炊」がいい。

とはいっても、特別に難しく考える必要はないです。

「凝った料理=栄養価が高い=愛情たっぷり」なわけでは決してないですからね。

栄養面を考えれば、むしろ調理もシンプルなほうが栄養素の損失も少ないですし。

お肉を軽く焼いて塩コショウで味付け、魚は刺身で、野菜はかるく茹でたり炒めたり、もしくはキャベツやきゅうり、大根はそのままでサラダとして食べる。

その味付けはオリーブオイルと塩だけ、みたいな。

納豆や豆腐をそのままで食べるのもいいですよね。

手間がかからない上に栄養バツグンですし。

そして、食後のデザートとして果物を少々。

これぐらいシンプルな料理であれば、仕事終わりでもできそうですよね。

見た目的にはシンプルで華やかはないでしょうが、でも栄養面は抜群です。

「家族で味の濃い見た目も華やかな食事を楽しむ」というコミュニケーション的な食事も必要でしょうが、しかし、食事をするそもそもの意味は、「健康な心身を維持するためのもの」です。

栄養を考えた食事をすることで健康な体を保つ。

その上で、家族や友達、同僚たちとの「コミュニケーション」としての食事を楽しむ。

「心身の健康」がまず土台としてないと、そもそもコミュニケーションとしての食事も十分に楽しめなくなってしまいます。

普段(平日とか)は、見た目は華やかではなくても栄養面を考えた食事をして、土日などの週末は外食をしたり、栄養面を考えることはちょっと休んで「コミュニケーションとしての食事を楽しむ」っていうぐらいがいいのかも。

食事ってホント大事です。

そして食事は結局は「揖斐の積み重ね」。

日々積み重ねてきた食事の質が、今のあなたの体(心も)の質を決定づけています。

これが事実。

とにかくシンプルでもいいので、なるべく栄養面を考えた食事をしたいですよね。

栄養面を考えた食事を続けていれば、疲れにくくもなりますし、精神面でもやる気が出たり前向きになることも多いので、そうなれば、仕事終わりの「簡単な調理」もそれほど苦でなくなったりしてくると思います。

関連記事



スポンサードリンク