fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
「冷水とお湯を交互に。洗顔後、最後に冷水でしめる。」をするよりもっと大事なことがある
2021年09月20日 (月) | 編集 |
10代後半、20代前半の若い頃、「洗顔のとき、冷たい水とお湯を交互に」「最後は冷水で引き締める」みたいなことを一時期やっていた記憶があります。



最近はどうなのかは知りませんが、一時期よく言われていましたよね。

テレビか雑誌か、何で知ったのかは忘れましたが、それが本当に美肌なるために根拠のあるものなのかどうかも考えず、調べもせずに「なんか良さげ」っていうイメージだけで取り入れていた記憶があります。。


美しい素肌を取り戻す基本は「スキンケアと食生活の徹底的な見直し」しかないです
正直、この「冷水とお湯を交互に」と「最後は冷水でしめる」ことに関しての科学的な根拠があるのかどうかは私はわかりません。

まあ、多分なさそうな気がしますが。。

お肌(皮膚)の仕組みなどの基本的な知識は持っていますが、そこから考えると、どこらへんに根拠があるのかよくわからないです。

私としては、肌に余計な負担をかけてしまって、長く続けているとその負担の積み重ねによって肌トラブルがでてきそうな感じもするんですけどね。

「お肌を甘やかさないことが大事」とも言われていて、もちろんそれには同意します。

「冷水とお湯の交互」で肌に強い刺激を与えたりするのって、「お肌に強い刺激を与えて鍛える」的な感じもしますが、でもだからといってそれが「お肌を甘やかさない」こととはちょっと意味合いが違う気もしますし。。


まあどちらにしても、わざわざそんなことをしなくても「美肌」を取り戻すことはできます。

というか、人体・皮膚の基本的な仕組みから理論的に考えると、「食生活の見直し」「スキンケアの見直し」のこの2つを徹底的にすることでしか、真の美肌を取り戻すことはできないです。

食生活とスキンケアは「お肌の状態」に直結していますし、実際、現代の女性の多くは、「間違った食生活」と「過剰なスキンケア」によって、自分の素肌をボロボロにしてしまっています。

そして、その事実に自分自身が気づいてない人もかなり多いと思います。

肌荒れの本当の原因がわかってないから、お肌(の細胞)を作る土台である食生活を適当にしたままで、スキンケアも以前よりも「より過剰」にしてしまう。

なんでもそうですが、「問題を解決する」ためには、まずはその問題を引き起こしている根本的な原因を知ることから始めないといけませんよね。

でないと、何をしても「その場しのぎの対処」だけになってしまう。

でもその場しのぎの対処だけでは、結局は「根元の原因」はほったらかしたままですから、しばらくするとまた問題が表面化してきます。

「冷水とお湯を交互に」も「最後に冷水でしめる」も、たとえそれなりに効果があったとしても、結局は「場当たり的な対処」でしかないわけで、肌トラブルを根元から絶とうと思ったら、やっぱり根本的な原因にきちんと向き合うことが大事です。

そして、殆どの場合の肌トラブルの根本的な原因となる二大要素が「間違った食生活」と「過剰なスキンケア」なんです。

最近は特に、肌ケア対策としてこのふたつに言及した本などもチラホラみかけるようになりました。

周りのみんなも同じように過剰なスキンケアをして、食生活にはほとんど目を向けてない人が多いと思います。

で、それをみて、「みんなも同じだから」と安心していては肌トラブルを改善することはできないです。

「みんなと同じ」だと安心してしまいがちですが、でもそれでみんなも同じように肌トラブルで悩み続けていることを考えると、「みんなと同じことをしていてはいつまで経っても肌トラブルは改善しない」ということもわかってきますよね。

何事も、「人よりも成果を出す」、「目標をきちんと達成する」ためには、「人並みのこと」をしていてはダメです。

これは「美肌を取り戻す」ことに関しても同じことがいえます。

「美肌」の知識として一般的に言われていることに関して、「それって本当?」と疑ってみる姿勢も大事です。

とはいえ、特別なやり方や難しい事では決してないです。

「当たり前のことを当たり前に日々コツコツと続ける」ことが美肌においても大事なんです。

「美は一日にしてならず」といいますよね。

以前、ある大物女優さんが健康雑誌でインタビューを受けていてそれを読んだことがありますが、若さの秘訣として同じように「当たり前のことをコツコツすること」みたいに書かれていたのをなんとなく記憶しています。

それを読んで「やっぱりな」と。。

みんな、「お手軽に」「簡単に」「楽に」「そして即効的な効果」ばかりを求めるから、高級化粧品やサプリメント、おかしげな美容商品ばかりで解決しようとする。

「当たり前のことを日々コツコツと続ける」という努力を怠ってしまうんです。

でもだからこそ結果が全然でない。

そこに気づくことができるかどうかが、美肌を取り戻せるかどうかにかかっていると思います。

クレンジングをやめたら肌がきれいになった



関連記事



スポンサードリンク