FC2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
自分は「太ると顔に肉がつく体質」だから、普段から糖質はかなり抑えめにしています
2018年05月22日 (火) | 編集 |
太ると顔にでるタイプの人がいますよね。

KJ 2018眠り姫 シリーズ 眠ながら小顔 ゲルマニウム 男女兼用ベルト

新品価格
¥1,210から
(2018/5/22 01:48時点)



私もまさにその一人。

太りやすい食生活をしていると、顔にすぐに肉がつく。

お腹にも集中的に付きますから、「ぽっこりお腹」にもなりやすいです。

でもだからこそ、普段は糖質(炭水化物・砂糖・果糖ぶどう糖液糖など)をかなり減らしています。

糖質制限を始めた最初の頃は「緩やか」でしたが、自分の身体の状態を逐一観察しながら糖質制限をしてみると、私の場合は顔とお腹周りに集中的に脂肪が付きやすい体質だとわかってきて。

中途半端に糖質を減らしても、私の場合なかなか顔の無駄な脂肪がとれなかったんです。

それでそれなりに厳しめな糖質制限にしていくことで、ようやく顔がシュッとしてきた。。

「顔」となると、当然みんなに一番に見られる場所ですから、顔に余分な脂肪がつくと、それだけで見た目の印象もガラッと変わったりしますよね。

なので、「脂肪だらけになった顔」にならないためにも、普段の糖質制限は少し厳しめにしています。

私にはそれぐらいがちょうどいい。


顔に脂肪がつきやすい原因?

・顔に脂肪が付く食べ物ってなに?
・逆に顔が引き締まる食べ物は?
・食べ物によって太る場所が違う?


みたいな疑問もあったりしますよね。

ネットで調べてみてもいろいろな情報がありますが、個人的には「食べ物と太る部位の関連性はない」と思っています。

そうではなくて、体質的に顔に肉が付きやすい人であれば、どんな種類の食べ物でも「太りやすい食べ物」を食べれば顔に脂肪が溜まりやすくなるのだろうと。

チョコレートであってもせんべいやケーキであっても、それが太りやすい食べ物(体脂肪が付きやすい食べ物)であれば、体質的に顔に脂肪が付きやすい人はやっぱり脂肪が顔に溜まるようになる。

それが顔から太る人の特徴かなと。

私もそうですからね。

だから私も普段から「体脂肪がつきにくい食生活(糖分少なめな食生活)」を続けるようにしています。

体脂肪が付きやすい食生活は、「糖質制限」を基本からみっちりと学ぶことで習得できます。

生まれつきの体質を変えることはなかなか難しいと思うので、その上で「顔やせ」したいと思ったら、自分のその体質を受け入れて、人一倍普段の食生活に気を使うことが大事かなと思っています。

関連記事



スポンサードリンク