炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
香水つけてないのにいい匂いがする男性。なぜ?
2018年06月10日 (日) | 編集 |
香水以外で「体をいい匂いにするもの」ってあるでしょうか。

香水を使っていないのに、なんとなくいい匂いのする人っていますよね。

asd,efe

それなりに年配の人でもそういう人っています。

なぜでしょうか。

生まれつき?

遺伝子的なもの?


「体内」をきれいにすることを意識すれば、自然と「いい匂い」になるかも
まあ、たしかに遺伝子的に体臭が出やすい人とそうでない人の違いはあると思います。

でも、遺伝子的に体臭の出にくい人であっても、なにも対策をしないでそのままの状態では、「自然ないい香り」は出てこないでしょう。

私が思うには、「自然に感じるなんとなくいい香り」って、「体内の健康状態がいい」ことから醸し出されてくるものだと思っています。

体臭の原因っていろいろと言われていますが、実は一番の原因は「体内の汚れ」です。

特に、「腸内に汚れが溜まりまくっている状態」。

なぜ腸内が汚れるか。

腸に直接触れるものといえば、唯一「食べ物」「飲み物」ですよね。

そう、腸の健康状態を大きく左右するのは、普段の食生活です。

要するに「食生活と体臭」は密接につながっているということです。

例えば、砂糖、小麦粉、果糖ぶどう糖液糖などの「精製糖質」、トランス脂肪酸や酸化した油などの質の悪い油、大量の添加物。

これらがたっぷりと使われているお菓子や菓子パン、ジャンクフード、その他様々な加工食品。

こういうものを日常的に食べていると、腸内はゴミだらけになります。

ボロボロになります。

そうなると、それが「きつい体臭」として出てきます。

もちろん、体質的な個人差はありますが、もともと生まれつき体臭がきつくなりやすい人ほど、こういう食生活を続けていると体臭がきつくなりやすい。

生まれつきそうではない人でも、過度の「栄養的に乱れた食生活」を続けていると、年齢を追うごとにたぶん体臭がきつくなってくるでしょう。

若いときは、「栄養的に適当な食生活」をしていても、「若さ」という強力な武器がありますから、それによってなんとかなるかもしれませんが、しかしその「若さ」という武器もやはり若い時だけです。

大人になれば、その若さはなくなり、あとは普段の生活習慣、特に食生活が体の健康状態を決定づけます。

頭皮や脇、体臭、口臭などの「臭い」も「健康のバロメーター」です。

健康状態が悪い、要するに栄養状態が悪いほどに臭いもきつくなる。

と考えると、「体をいい匂いにしたい」と考えるのであれば、まずは「体臭がきつくならない対策」をするべきです。


きつい体臭を香水で消そうとしたところで、たぶん体臭と香水が混ざってしまって、大抵の場合「余計に変な臭い」になってしまうでしょう。

そして、そういう臭いは周りからも嫌われますよね。

だからこそ、まずはきつい体臭が出にくくなるための努力をする。

なるべく加工食品を控えて、面倒でもシンプルでいいのでできるかぎり「自炊」にすることで、体内に余分なものが溜まりにくくなり、そして栄養状態も良くなってきます。

そうすれば、「きつい体臭」がでることも少なくなってくるでしょうし、「体内がきれいで栄養状態がいい」と、見た目的にも健康的で魅力的になります。

そういう栄養状態のいい人って、その人の体からは「フェロモン」的な物が出てくると思うんですよね。

私の経験的にも、私の周りのそういう人達を観察してみても、普段から食生活をちゃんと考えていて健康的な人は何かはわからないけど不思議な魅力、フェロモン的なものが出てきます。

そして、そういう人ってなんとなくいい香りがしたりもする。

強烈に臭いを発しているわけではなく、ほぼ「無臭」だと思いますが、でもやはり普段から健康的な食生活をしている人って、そういう傾向があると思います。

健康的な人って、実年齢よりも若々しいですし、やっぱりモテますよね。

私としては、例えば「モテるため」に体をいい匂いにしたいと思うのであれば、まずは「食生活を見直して変な体臭を出さないように努力をする」ことから始めたほうがいいと思っています。

そうすることで、単に「いい匂い」だけに留まらない、「モテるために必要な魅力」的なものも副次的に自然についてくるかなと。

天然素材から生まれたshunax








スポンサードリンク