炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
カカオが多い70、86、95なチョコレートは苦い?甘い?
2018年06月17日 (日) | 編集 |
最近、スーパーのチョコレートコーナーには「高カカオチョコレート」な商品がかなり増えてきていますよね。

明治 チョコレート効果カカオ86% 70g×5入



これはダイエット、健康、美容面、すべてにおいてとてもいいことです。

従来の低カカオチョコレートは「砂糖が多すぎる(糖分が多すぎる)」という問題もありますからね。(高カカオであることは、同時に糖分の含有量が少ないということでもあります。)

チョコレートは私も大好きでしたから毎日でも食べたくなる気持ちはわかります。

が、やはり市販の多くのチョコレートは糖分が多いので、気をつけないと、チョコレートの食べ過ぎで太ったり健康を概してしまう可能性もあります。(糖分とりすぎは肌にも影響してきます。)

なので、やはり高カカオチョコ(低糖質チョコ)はおすすめです。

しかし、「高カカオ」にまだまだ馴染みがない人もいるかと思います。

カカオの含有率が高いチョコレートって苦いの?」というのが気になる人も少なくないみたいで。


その人の味覚によって苦味、甘みぐあいは違ってくる
まず結論から言うと、「人それぞれで甘みや苦味の感じ方は違う」ということになります。

みんなそれぞれで味覚は違いますからね。

特に、普段からチョコレートを含めて甘いものが大好きな人は「高カカオ」なチョコレートでは苦味を感じやすいというか、あまり甘みも感じにくいかもしれませんね。

もちろん、高カカオとはいってもカカオの含有量にはいろいろあります。

例えば、高カカオチョコレートとしておなじみの「チョコレート効果」。

スタンダードタイプには「カカオ72%」「カカオ86%」「カカオ95%」があります。

私は今現在、5年以上糖質制限を続けています。

なので、以前は甘いものが大好きでしたが、今は果物でも時々「甘すぎる」と感じることもあるぐらい、甘いものには敏感な味覚になってきています。(ちょっとした甘みでも甘味を感じやすい味覚になっています。)

そういう私も時々「チョコレート効果」を食べてみたりします。

カカオ72%だと、私的には十分に甘く感じます。

苦味はあまい感じないかな。

カカオ85%になると、それなりに苦味も感じますが、でも「ほんのり甘み」も感じ取れます。

私の今の味覚では、カカオ85%のチョコレートがぐらいがちょうどいい甘さですね。

カカオ95%になると、甘みをあまり欲しない私でもさすがに「苦すぎる!」と感じましたね。。

甘みはほとんど感じることはできませんでした。

まあこれも、先程も言ったように、やはり個人差があります。

カカオ95%ぐらいがちょうどいいとか、もしくはカカオ95%のこの苦味が最高なんだよ!という人もいるかもしれません。(カカオ95%でもそれなりに甘味を感じ取れる人もいるかもしれませんね。)

どちらにしても、従来からある「砂糖たっぷりのチョコレート」に比べたら、高カカオチョコレートは「甘みが少なく、同時に高カカオな分、苦味が増えてくる」ということですね。

でも本来、「カカオ」って甘いものではないですし、そもそも市販のこれまでのチョコレートが甘すぎたんですよね。

砂糖が多すぎて。。

そして、みんなその甘さに慣れてしまっているから、「高カカオチョコレート」をあまり美味しくないと感じてしまう人もいます。

でも、これも最初に言いましたが、やはり糖分の多い食べ物はチョコレートも含めて体に良くないです。

ダイエット的にもお肌にも悪いですからね。

一般的にも「低糖質」の認知度が上がってきていますから、最近のスーパーのチョコレートコーナーが示すように、今後は「高カカオチョコレート」が当たり前になってくるのではないかと思いますね。

ということで、「高カカオで砂糖が多すぎないチョコレート」に今のうちから舌を慣らしておきましょう。

【初回限定送料無料】チョコ屋 ノンシュガー クーベルチュール チョコレート50枚 糖質制限 ローカロリー 低カロリー 糖類ゼロ 糖質オフ 板チョコ 送料無料 低糖質 ギルトフリー【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】


感想(3363件)




関連記事



スポンサードリンク