fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
糖質制限をすると便秘になる?
2012年02月06日 (月) | 編集 |
現在、糖質制限を初めて1ヶ月弱といったところです。現時点でなにか変化があるとすれば、炭水化物を欲する気持ちがちょっと薄らいできたことと、便通があまりよくないこと。

実は、糖質制限食をすると、下痢や便秘になったり、深緑色の粘っこい便が出てキレが悪くなったり、など便通状態の不安定を訴える人が結構多いようです。

ネットで調べてみても、確かにみなさん悩んでいますね。

江部先生も糖質制限にした最初のころは、そういう傾向があったといいます。便通が不安定になり、便秘になったり下痢になったりが2~3ヶ月続いて、その後安定したそうです。

同じように、ある程度の期間が経過すると、便通状態が改善されて、その後は快便になるという体験をされている人も多いそうです。

どうもこれは、食の内容がガラッと変化したためのようです。

炭水化物中心の食事が、いきなり糖質が極端に少なくなり、たんぱく質や脂肪が多い食事になる。それに体は戸惑い、慣れるまでに時間がかかるのだろうということ。

腸も同じで、今までは炭水化物をしっかりとる食生活に適応した腸内環境が整えられていたのでしょう。それが食がガラッと変化したものだから、腸内細菌たちもそれに適応するために、それまではちょっと混乱ぎみで下痢をしたり逆に便秘になったりするのかもしれません。

これは糖質制限に限らず、どんな食事療法でもいえるのではないでしょうか。糖質制限がより今までの食事内容と違うために、余計にその戸惑いみたいなのを体が感じているのだと思います。

少食療法や断食療法でも、急に減らしたり食を断ったりすると、便秘になったりというのはよくありますからね。私自身は、少食や断食にも少し興味があるのでこちらの勉強もしてます。食事内容を変えて便通が不安定になるというのも、断食などの知識からもなんとなく理解できます。なので、糖質制限で便通状態が不安定になっても特に心配はしていません。

今は、便秘ぎみになるときもありますし、粘っこいキレのないべっとり系うんちが出ることもよくあります。臭いもなかなかキツめです。。悪いものが溜まってなあって感じです。

でも、これも続けていれば、いずれ体が慣れてよくなるだろうと思っています。なるべく、食物繊維をたくさん含んだものを意識して食べていくことは必要かと思いますが。江部先生は、身体面は3ヶ月ぐらいで慣れてくるだろうと著書の中でいっています。

もちろん、あまりに便秘が続くようであれば、緊急的な便秘対策も必要です。

あらてつの糖質制限な日々
管理人さんの便秘対策も参考になるかと思います。

食生活と機能性便秘
江部先生の記事です。なるほど、たしかにご飯を食べると便通が良くなるという実感はあります。まあ、即効性という面では効果はありそうですが...
関連記事



スポンサードリンク