fc2ブログ
炭水化物や糖質を適度に抑えた食生活で、お腹ぽっこり解消を目指してます。
顔の肉だけ落ちない。顔の脂肪を落としたい
2017年06月11日 (日) | 編集 |
顔の肉をとりたい。


beautiful faces / tommerton2010


顔だけ脂肪が異様に多い気がするので、即効で引き締めたい。

そんな悩みを解消するためにダイエットをしてみても、「顔の脂肪だけが落ちない」という人も結構います。

顔の肉だけ削ぎ落とすことはできないのか。

脂肪を薄くすることはできないのか。

私自身、体全体的にはパッと見は細身なんですが、お腹(お腹ポッコリしやすい)や顎周りを含めた顔全体的に脂肪がつきやすい体質です。

顔だけ異様に浮腫んでいたり。

まぶたに脂肪がたっぷり付いてて腫れぼったくなっていたり、頬にも肉が多かったり。

ほっぺたに脂肪が多いと、それが「ほうれい線」の原因にもなったりしますよね。

でも今現在、食生活を見直してからはお腹ポッコリはすっかり解消し、そして顔の脂肪も全体的にかなり落ちているような気がします。

ダイエットをしても、なぜなかなか顔の肉が落ちないのか。

体は痩せて体重も落ちているのに、顔だけ脂肪が落ちないのはなぜか。

私なりにちょっと考えてみたいと思います。


食事制限をして体は全体的に痩せたけど、顔だけ痩せない?
「体重は落ちたけど、顔だけ脂肪がなかなか落ちない」というのは、そもそもダイエット法自体が間違っている可能性があります。

食事制限やカロリー制限の場合、食べる量を全体的に減らすわけですが、これを続けていると、体内に溜まっている無駄な脂肪よりも、体の土台となっている「筋肉」が先に落ちてくる可能性もあります。

比重で見ると、筋肉のほうが脂肪よりも重いと言われていますよね。

なので、体重の数値としては筋肉が落ちているから順調に痩せているように見えるけど、実際は脂肪はあまり減っていない。

だから顔の脂肪もなかなか減っていかない。

カロリー制限ダイエットの場合、太る一番の原因である「糖質」をそれなり食べますから、人間の体の脂肪を分解していく基本的な仕組みから考えても、脂肪がスムーズに落ちていくとは考えにくいんですよね。

むしろ、食べる量を減らしたことで、本来必要な分だけの「タンパク質」の摂取量が足りなくなり、筋肉が優先的に落ちていくのではないかと。

「顔だけ痩せない」ようにみえて、実は体全体的に脂肪はあまり減ってない。


私の体験でいうと...
私の体験的にも糖質制限をして、「糖質」をなるべく減らすようになってから、お腹の脂肪はもちろん、顔の無駄な脂肪も少しずつじっくりではありますが、落ちていったように思います。

以前に比べると、今のほうが確実に顔全体的にシャープになっている感じはします。

特に悩んでいた「頬のたるみ」や「腫れぼったいまぶた」もだいぶ解消されてきています。

食べると脂肪となる原因である「糖質」を減らしているんですから、考えてみれば当然かもしれません。

もちろん、ただ糖質を減らすだけではなくて、同時に体の土台となる「タンパク質」や「脂質」などがしっかり摂取できるように、お肉や魚介類、大豆製品、卵、乳製品などはしっかり食べる必要はあります。

そうしないと筋肉が減って「痩せる」というより「やつれる」ような状態になってしまいますからね。

もちろん、それぞれ生まれつき、体質的な違いはどうしてもありますので、「糖質の少ない食生活」に切り替えても、それがどこまで見た目的に効果があるかはわかりません。

それでも、やはり食生活を見直すことには大きな意味がありますので、誰であっても食の改善は必須なものであると思います。

体のどこに脂肪が付いていたとしても、栄養素で圧倒的に脂肪になりやすいのは「糖質」ですから、その糖質をある程度抑えていくことは重要だと思っています。

現代人は総じて「糖質過多」になっていますからね。

↓こんなのもありますよ。

【特典付き】【 メーカー公式店 】【 ポイント10倍 】 MTG P10 リファカラット ReFa CARAT 美容ローラー 美顔ローラー 美顔器 refa carat リファ カラット 正規品 1年保証 【2016年楽天コスメ大賞ボディケア美顔器部門1位】

価格:25,704円
(2017/6/11 10:00時点)
感想(6183件)



関連記事



スポンサードリンク